高く買ってもらうコツは

後悔しないためにもしっかりした鑑定を受けよう!

手持ちの宝石を売る時に一番重要となるのはやはり鑑定に基づいた査定額ですね。宝石は一般の人の目ではなかなかその価値が分かりづらいものです。そのため、宝石の価値を低く鑑定されて安い値段で買取られてしまったり、買取が終わってからでもこの金額で売ってよかったのかという後悔が残ってしまうこともあります。 そこで宝石を買い取ってもらう際に少しでも高い査定をしてもらい、後から後悔や疑念の生じないようにする方法とそのコツを考えてみました。買取りに出すお店をしっかり選んだり、しまっていた書類を探し出したりと少し手間は掛かりますが、それで買取金額が大幅にアップする場合もありますので、面倒くさがらずに実行してみましょう。

買取を依頼するお店選びと購入時の書類持参が査定額アップのカギ

宝石の買取鑑定において高い査定額を得たいのであれば、宝石などの買取りを専門とするお店に依頼するのが適しています。一般の買取サービスを行うお店でも宝石の鑑定・買取を行っているところはありますが、やはり専門のお店の方が鑑定にも信頼がおけますし、買取に対しても積極的ですので、査定額がアップする可能性が高いと言えます。 また、鑑定時には宝石を購入した際の鑑定書・保証書などがあれば必ず持参しましょう。鑑定書や保証書を作成しているところがどこかによっても差はありますが、これらの書類がない場合に比べて宝石の査定額が上がる場合が多いので、探して持参する価値はあります。鑑定書などには劣りますが、宝石店や百貨店などで購入した場合には領収書やレシートも査定額アップの助けになることもありますので、あれば一緒に持って行くことをおすすめします。